うれのこってる?

Youtubeにてゲーム実況動画を投稿している記録などを投稿していきます。

ヒントなし!探偵を疑似体験できるゲーム「The Painscreek Killings」の紹介&プレイ日記①

 

こんばんは、ウレノコリと申します。

Youtubeにてゲーム実況をしています。

ウレノコリ - YouTube

 

こちらのブログ記事では実況プレイさせていただいたゲーム紹介、またそのプレイを記録していきます。

 

目次

 

 

ゲームの紹介

 

本日ご紹介するゲームはこちら。

The Painscreek Killings   ザ ペインスクリーク キリングス

です。

 

Steamにて1980円で販売されているゲームになります。

Steamのページはこちら→The Painscreek Killings on Steam

 

 

ストーリー

かつては活気に満ち溢れていたが、今現在は完全に廃墟と化した町、ペインスクリークが舞台。

編集長からその町で起こった未解決事件を調査するよう指示された、新米ジャーナリストのジャネットが町に足を踏み入れます。

町に残された様々な記録をたどり、未解決事件の真相を明らかにしていくゲームになります。

 

その未解決事件とは?

大きな成功を収めたキャリアウーマン、ペインスクリークの前市長の妻、

ビビアン・ロバーツが殺害され、自宅前に遺棄された未解決事件。

 

 

こちらのゲームは探偵になって未解決事件を解決に導くゲームです。

しかし他のゲームとは違い、このゲームにはヒントがありません!

なので自分の洞察力・記憶力が試されるゲームとなっております。

 

 

第1回プレイ日記

 

※以下は軽いネタバレを含みます。

 

ゲームは編集長からの未解決事件を調査をするように、と指示される電話から始まります。

車から降りると駐在所、奥にこのゲームの舞台となるペインスクリークが見えます。

 

f:id:ureno_chan:20181119005941p:plain

 

目的としては、

1.誰がビビアン・ロバーツを殺害した?
2.犯人の動機は?
3.凶器は?

を調査していきます。

 

それでは、まずは駐在所から見ていきましょう。

 

駐在所

 

駐在所に向かうと駐在所の外の窓にメモが。

 

f:id:ureno_chan:20181119010114p:plain

 

「墓地のゲートコード:1131」

墓地に入るためのコードのメモらしい。

このように随所に探索のきっかけになるようなものがあります。

 

ここでメモするもよし、ゲーム内の機能でカメラを使用し写真として記録することができます。

 

駐在所の中に入ると、暗い雰囲気…、そしてそれとともに怖いBGMが流れる。

 

f:id:ureno_chan:20181119010723p:plain

 

見つけたもの

☆懐中電灯

☆マップ

☆事件に関する新聞記事の切り抜き

☆機密ファイルが入ってるとみられる金庫←ロックかかっており、4桁の数字が必要

☆ビビアン・ロバーツ殺人事件報告書

☆スティーブンからの留守録

☆古いゲートの鍵

 

マップを見るとペインスクリークの街がとても広いことがわかる。

f:id:ureno_chan:20181119010948p:plain

 

先ほど入手した墓地のゲートコードは「ペインスクリーク墓地」にて使用できるのだろうか。

 

発見した事件に関する新聞記事の切り抜きなどは自動的に記録されます。

 (以下にざっくりとまとめていますので、すべて読まなくても大丈夫です)

f:id:ureno_chan:20181119011542p:plain

f:id:ureno_chan:20181119011546p:plain

 

この新聞記事でわかるのは、新しい登場人物、事件の詳しい概要、容疑者として挙げられた人物。

 

そしてビビアン・ロバーツ殺人事件報告書。

 

f:id:ureno_chan:20181119013256p:plain

 

以上のことをまとめると。 

 

登場人物

前市長:チャールズ・ロバーツ
前市長の妻:ビビアン・ロバーツ←被害者
娘:トリシャ
 ↑↓恋人
教会神父の息子(娘の恋人):スコット・ブルックス←容疑者

メイド:メアリー・マルティネス←遺体発見

謎の人物:スティーブン

 

事件概要

事件発生日:7月19日
遺体発見現場:ペインスクリーク メイプル通り1、自宅前
遺体発見時刻:7月20日朝7時15分
発見者:メイドのメアリー・マルティネス
死亡推定時刻:夜11時から1時

 

容疑者の当日の行動・疑われた理由

事件当日、7月19日夜11時30分
屋敷の北側の森林にいたところを目撃。
スコットとビビアン(被害者)が口論。口論の内容は不明。

そのあと、午後11時50分
スコットがロバーツ家邸宅から急いで出てくるところを目撃。
シルバーレイクの方に向かった。
ビビアン殺害の夜、スコットは被害者と一緒にいた。しかし殺害は否認。

 

 

被害者殺害の6カ月前、スコットは屋敷から解雇。屋敷の出入りを禁止されていた。

ではなぜ事件当日に屋敷にいたのか?

 

また被害者の死体発見の新聞記事に気になる文言が。

「1年も経たず訪れた3度目の死?」

ペインスクリークにて1年のうちに3人死んだということ?

 

 

 

次回プレイ日記②にて、ペインスクリークに潜入します!

 

続きが気になる方はこちら。

ブログ内容の続きから見たい方は9分あたりから。(Youtubeに飛びます)

【編集版】▷01 不可解な殺人事件が起きた町で真実を追う【The Painscreek Killings】 - YouTube