うれのこってる?

Youtubeにてゲーム実況動画を投稿している記録などを投稿していきます。

探偵の疑似体験ができるゲーム「The Painscreek Killings」プレイ日記②

 

こんばんは、ウレノコリと申します。

Youtubeにてゲーム実況動画を投稿しています。

 

www.youtube.com

 

 こちらのプレイ日記は、第1回目の際に配信したものを文字にしたものです。

 

動画で見たい方は下から。

(BGM代わりにおすすめ)

☆配信動画⇒【配信】▷01 不可解な殺人事件が起きた町で真実を追う【THE PAINSCREEK KILLINGS】 - YouTube

(重要そうなところだけ見たい方におすすめ)

☆編集版動画⇒【編集版】▷01 不可解な殺人事件が起きた町で真実を追う【The Painscreek Killings】 - YouTube

 

 

それでは「The Painscreek Killings」プレイ日記、第2回目始めていきます!

 

 

ゲームの紹介・プレイ日記①(探索:駐在所まで)はこちら↓

https://urenokori.hateblo.jp/entry/Painscreek_play1

 

 

 

 

第2回プレイ日記

 

駐在所をあとにして、奥に見えるペインスクリークに向かう。

フェンスには「NOTICE CLOSED FOR GOOD」

翻訳すると「通知 永遠に閉鎖」と書かれている。

 

手前に大きな川があり、緑もありとても穏やかな時間が流れるような町で

人が住んでいたころはとても魅力的な町だったことが予想できる。

 

f:id:ureno_chan:20181120000727p:plain

 

大きなゲートからは入れず、右にある小さいゲートに駐在所でゲットした古いゲートの鍵を使用する。

 

ペインスクリークの町に足を踏み入れ、近くの家を見ていくと表札の代わりに番地が付けられている。

 

f:id:ureno_chan:20181120001734p:plain

f:id:ureno_chan:20181120001740p:plain

 

こう画像を見ると、木の板で完全に閉ざされた家と、カギがかかった家2種類があることがわかる。

 

木の板で完全に閉ざされた家にはきっと入れないが、カギがかかっている家にはカギが見つかりさえすれば、入ることができるかもしれませんね。

 

色々と探索するも入れる家はなし。

すると、ようやくカギがかかっていない、入れる家が見つかった。

 

アンズコートヤード イン&スウィート

 

f:id:ureno_chan:20181120002812p:plain

 

入ると左に受付のようなもの、右にイスやテーブルがある。

 

f:id:ureno_chan:20181120003003p:plain

 

掲示

貼ってあったもの

  • 「車から締め出される!そんな時の対処法。」
  • 「逝っても忘れない」←容疑者の父親が神父として関わっているイベントのポスター。
  • 「ペインスクリーク毎年恒例 秋祭り」
  • 「ペインスクリークトリニティー教会 礼拝」
  • 「スティービー理髪店」

 

この中で被害者ビビアン・ロバーツの名前を発見。

 

f:id:ureno_chan:20181120003425p:plain

 

イベントコーディネーターとして、被害者ビビアン・ロバーツが関わっていた秋祭りのポスターだ。

 

ビビアン・ロバーツが敬愛される理由の1つなのだろうか?

 

受付

見つけたもの

  • 202号室、203号室、204号室のカギ
  • ペインスクリークコミュニティー病院に関する新聞記事

 

受付の中に入ると、「宿泊客宛の郵便物は部屋番号のロッカーにて保管すること。」との張り紙があり、受付の下にロッカーがある。

 

f:id:ureno_chan:20181120005059p:plain

 

見つけた部屋のカギでは開かないので、別にカギが必要らしい。

 

ペインスクリークコミュニティー病院の新聞記事にまた被害者ビビアン・ロバーツの名前を見つける。

 

f:id:ureno_chan:20181120005951p:plain

 

年表でまとめると、

 

1936年 ペインスクリークコミュニティー病院開業

 

1970年代前半 病院の改修の必要性を案じ、ビビアン・ロバーツがロバーツ救済基金を設立。←被害者が敬愛される理由の1つ?

 

1996年 閉院←横領疑惑が原因?

 

掃除道具収納部屋

見つけたもの

  • 常連客リスト

 

受付から出ると、掃除道具が収納されている部屋に置いてある段ボールの1番上に常連客リスト。

事件に関与しているのかは不明だが、詰まってしまったときに行くことにしよう。

 

2階

 

階段をあがると4つの部屋がある。

入手した202号室から204号室までのルームキーを使用します。

 

f:id:ureno_chan:20181122005404p:plain

 

では、1番手前にある204号室から順に見ていきます。

 

見つけたもの

204号室

  • 本「THE HOLY BIBLE」

 

203号室

  • 本「THE HOLY BIBLE」

 

202号室(第2回配信時に調査)

  • 本「THE HOLY BIBLE」
  • 忘れ物の帽子

 

201号室

カギがかかっており、入れない。

しかし扉の間に

「スティーブン・M宛の支払い請求」という1枚の紙が挟まっていた。

 

 第1回プレイ日記の駐在所にて、見つけたものの中に「スティーブンからの留守録」があったのを覚えているだろうか。

 

内容としては

「もしもし、ティーブンだ。荷物が送られたかどうか確認したかったんだ。

それで、私は今アンズコートヤードに泊まっている

他に何かもらえる情報があればありがたい。ありがとう。また連絡する。」

 というものだった。

 

ティーブンという名前、アンズコートヤードに宿泊している点からみるに、同一人物だろう

 

彼は廃れた町で何をしていたのだろうか?

 

 

次回プレイ日記③では

遺体発見現場であり、被害者の自宅「市長邸宅」に向かいます!

 

 

 続きが気になる方はこちら。

ブログ内容の続きから見たい方は17分あたりから。(Youtubeに飛びます)

【編集版】▷01 不可解な殺人事件が起きた町で真実を追う【The Painscreek Killings】 - YouTube